InterGlobe Aviation gains 10% as the airline allays concerns over raising funds


In an industry, which is not capital intensive in nature and also severely impacted due to the spread of the coronavirus, InterGlobe Aviation, which runs Indigo Airlines, is doing what it could do best to deal with these challenges. A few key developments have triggered the street’s interest in the airline’s stock as it gained 10% over its Tuesday’s closing price.

The airline announced that it will raise Rs 4000 crore through Qualified Institutional Placement (QIP). Secondly, according to media reports, it is in talks with lessors to sell and leaseback a few of its ATR aircraft and raise funds through this exercise. These developments have given confidence to the street as the country’s largest airline by market share (52%) allays concerns over its ability to raise funds to deal with its high fixed costs.

It is estimated that weak demand and restrictions on flying full capacity are resulting in Rs30 crore cash burn for the airline. In this context, when most airlines are struggling with high debt and low cash on books, the airline’s ability to raise funds has been acknowledged by the street. At the end of the June 2020 quarter, Indigo had a total cash balance of Rs18449.8 crore. This shows that the airline is placed better than its peers to weather the uncertainty in travel demand.

Lastly, investors need to bear in mind that the airline’s stock movement will be highly sensitive to any development to the discovery of vaccine which can cure or alleviate the impact of the Coronavirus. The recent development of Russia discovering vaccine for the virus also has a role to play in the high interest in the airline’s stock in the trading session so far. Analysts point out that if an effective vaccine is found and incremental cases of the Coronavirus come down, the airline’s stock may elicit high interest from the street.





Source link

「最高」のトレード、それを追い求めてきました。

FXを始めるあなたにとって、”最高”とは何でしょうか。

  • ボーナスが多い?
  • スプレッドが狭い?
  • キャッシュバックが良い?

それも良いでしょう。そしてこれらは、私たちにとっては当たり前の前提です。

しかし、それだけでは、何かが足りない――

ツイッター上では、実力のないトレーダーしか存在していません。

また多くの優秀なトレーダーはそもそも、日本からの情報を信用していません。

それはなぜか。

日本は、広告に支配され

発言権が強い者が、ただそれだけの理由で

もてはやされる国だからです。

最近では一極支配の広告業界に亀裂が走り始めていますが、本当の情報にアクセスできるようになるのはまだまだ先のこと。

しかし私たちは知っています。

世界には純然たる天才が存在することを。

Instiute Trader(IT)

彼は海外大手シグナルサイトでトップの実力と人気を誇るトレーダーです。

月間1000pipsを目標としており、また毎日動画を配信する精力さも持ち合わせた、素晴らしい方です。

紹介動画

Optimum Price Action(OPA)

LH-FX.comでは言わずと知れた現存する伝説のEA。おそらくリアルトレードでは間違いなく最高パフォーマンスを叩き出しています。

作者のThangはSentiment Analysisという理論書を発行し、これが一部のファンドなどからも脚光・注目を浴びています。

紹介音声

これらの特典をセットにしてご提供

ブローカーの性能が良いのは当たり前です。

そのうえで私たちが必要なのは、”たえまない資産形成”であり、私たちは誠心誠意をもって、サービスの提供に努めてまいります。

ご案内はトップページ「REALTRADE.INFO」をご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

English English Japanese Japanese